レビトラは3大ED治療薬の中では2番目に新しいED治療薬であり、即効性が高いことで知られています。
その有効成分であるバルデナフィルには、PDE5と呼ばれる酵素の過剰分泌を抑え血流を良くする作用があります。
通常、陰茎が勃起する際にはcGMPという血管を拡張させる物質が分泌されますが、PDE5が過剰分泌されると、この物質が分解されてしまい勃起を妨げることから、バルデナフィルの効果でPDE5を抑え込むのです。

さらに、バルデナフィルには水溶性が高いという特徴があり、体内に取り込むと素早く吸収されます。
したがって、レビトラを服用すると早ければ20分程度で効果を実感することができます。
そして、その作用時間は20mgのレビトラであれば20時間もの長時間持続します。
また、軽い食事であれば食後、時間を空けないで服用してもその効果が半減することはありません。

バルデナフィルも他のED治療薬と同じように、血管拡張作用がありますから「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」「動悸」「鼻づまり」といった副作用があります。
特に「顔のほてり」は服用した9割近くの人が実感していますが、その症状は軽いものがほとんどですから、あまり気にする必要はありません。
軽い頭痛であれば市販の頭痛薬でも十分に対応可能です。
ただし、心筋梗塞を発症して6か月以内の人や狭心症などの治療薬を服用している人は、重度の副作用が出る可能性が高いことからレビトラを服用することはできません。

レビトラの入手方法としては、医療機関で処方箋をもらうのが一般的ですが、診察料が必要であったり、手間がかかることから通販を利用する人も少なくありません。
個人が自分が使用する医薬品を、個人輸入サイトなどを通じて購入することは薬事法で認められています。
そのこと自体は違法ではありませんが、多くの偽物が出回っていますから、安全な通販サイトから正規品を購入することが大切です。

安全な通販サイトの特徴

レビトラは即効性が高く作用時間も最長20時間と長時間であることから、個人輸入を行っている通販サイトでも人気のED治療薬ですが、それだけに多くの偽物が出回っています。
偽物の錠剤は非常に精巧に作られており、正規品と見分けることが非常に困難です。
したがって、いかに安全な通販サイトを選ぶかがポイントとなります。

安全な通販サイトの第一条件として、運用歴が長く口コミサイトなどでも高い評価を得ていることがあげられます。
レビトラをはじめとする医薬品を扱うサイトでいえば、アット通販などがこの条件に該当します。
正規品を取り扱っていないと長く運用することはできませんから、必須条件と言えます。

サイト内に「会社名」「所在地」「電話番号」「責任者の氏名」「特定商取引に関する表示」が記載されていることも安全なサイトの条件です。
これらの項目は日本の法律で記載することが定められていますから、記載されていないと違法なサイトになります。
したがって、記載されていなかったり、一部しか掲載されていない、もしくは郵便番号と住所が一致しないなどの不備がある場合は非常に怪しいサイトだと言えます。

また、お問い合わせ先の記載については法律で定められてはいませんが、アット通販など安全な通販サイトでは、当然記載されています。
ただし、お問い合わせ先のメールアドレスがフリーメールの場合は危険です。
さらに、支払方法が銀行振込しか対応できない通販サイトも避けた方が無難です。
最低でもクレジットカードや代引きに対応していることが安全な通販サイトといえます。

これらの条件に照らし合わせて、全てクリアされていれば安全なサイトだと言えます。
最初から大量のレビトラを購入するのではなく、初回は少量購入し、問題がなければ定期的に購入することが偽物被害に遭わない秘訣です。