中高年や最近は若年層の男性にも広がっているのがEDです。
性交時に性的興奮があっても陰茎が思うように反応せず、不充分な形で性交が終わってしまいます。
このままではパートナーとの関係にも影響がでますので、何らかの対処が必要です。

EDを早く治すのに最も確実な方法はクリニックで診察を受けてED治療薬を処方してもらうことです。
最近は効果の高い医薬品が数種類あり、治療に大きく貢献しています。
数ある治療薬の中でも根強い人気を保っているのがバイアグラです。
バイアグラは治療薬の中でも最も歴史が古く現在も多くの方が処方されています。

バイアグラの人気の理由は、当然ですが効果が高いことです。
1錠服用すれば4~6時間は効果が持続しますので、1度の性行為には充分な長さです。
服用してから効果が現れるまで20から1時間と即効性があるのもメリットの一つです。
性的興奮が高まると、若い頃のような力強い勃起を可能にしてくれます。

バイアグラの種類では10mgと20mgがあります。
これは有効成分であるシルデナフィルの含有量の違いで、含有量が多いほど効果も高いですが、価格も比例して上がります。
1錠は2000円前後が相場となり、それなりにしますが効果は確実です。
怪しげな精力剤を使うよりは、効果に医学的な裏付けのあるバイアグラを服用した方が良いでしょう。

性行為の時の使い方ですが、なるべく空腹時に服用した方が効果が得られやすいです。
性行為の1時間前に服用すれば良いでしょう。効果が現れれば心配せず行為におよんで下さい。
性的興奮があれば勃起しますし、射精しても勃起が可能という驚きの効果があります。
効果のある時間内であれば何回でも性行為が可能です。

性行為で失敗がなくなれば、自信もつきますし心因性が原因のEDであればバイアグラなしでも性行為が可能となるでしょう。
パートナーを満足させたいのであれば、服用しても良いですが1日1錠を守るようにして下さい。

バイアグラはクリニックの処方or個人輸入

先程紹介した通り、バイアグラの正規の入手方法はクリニックで処方してもらうことです。
これは法律で決められており、国内では処方なしで販売することが禁じられています。
ではクリニック以外で購入する方法がないかと言えば、個人輸入する方法があります。
近くに専門のクリニックがなかったり、医師の診察を受けることに抵抗がある人は個人輸入がオススメです。

個人輸入とは海外の薬局からバイアグラを購入して日本へ輸入する方法で個人で使用する限り違法ではありません。
しかし個人で外国の薬局から購入手続きしたり、輸入に伴う税関などの手続きをするのは非常に難しいです。
そこで便利なのが通販サイトを利用して購入する方法です。
通販サイトが個人輸入に関する手続きを全て代行して行ってくれるというメリットがあります。
価格もクリニックで購入する場合とそれ程差はありません。

個人輸入での注意点は正規品ではなく偽物を扱う通販サイトを避けることです。
海外からの医薬品の取り寄せでは偽物が少なくありません。
正規品を扱ってくれる通販サイトの見分けるには、口コミサイトや価格を確認することです。
あまりにも安い価格は注意が必要です。原価以下で販売することはあり得ませんので、価格相場を確認して購入しましょう。
また長年の実績のある通販サイトが安心です。開業年を確認することと口コミサイトの評判を確認して通販サイトを選んで下さい。

通販サイトでの購入では多少納期がかかります。このため手持ちの在庫がなくなる前に早めに購入手配をかけましょう。
バイアグラの使用期間ですが、1年は充分保ちますので早めに購入して保管しておいても問題ありません。
クリニックの処方と個人輸入を上手に使い分けて下さい。